2013年4月18日木曜日

世界大会への選抜方法について

2013年の選抜数は、プライマリ2チーム、セカンダリ2チームです。

1. 全チームがリハーサル、インタビュー審査、パフォーマンス審査に参加する。

2. パフォーマンスの審査結果およびインタビュー審査結果の合計ポイントにより,プライマリ/セカンダリそれぞれ,全チームを順位づけ,上位から「日本からの参加枠数」分のチームを世界大会選抜対象チームとする。

3. パフォーマンス審査のダンスとシアターの2つの部門はリーグは分けず、1つのリーグとして順位付けを行う。

4. 同順(同点)が発生した場合は以下の基準で順位づけを行う。

1)ロボットの技術だけでなくプレゼンを含めたチームの総合的な力を評価基準とし、プレゼンテーション賞の順位によって決める。
2)プレゼンテーション賞の順位でも同順位が解消されない場合には、審査委員の合議によって判断する。

5. 世界大会選抜対象チームから辞退チームが出た場合には,合計ポイントによってつけられた順位に従って,成績順に辞退チーム数分だけ繰り上げを行う。
日本大会参加の繰り上げ対象チームが全て辞退した場合には,国際委員会に対して「日本からの参加枠数」の一部もしくは全部を返上する。

0 件のコメント:

コメントを投稿