2015年3月23日月曜日

2015尼崎 ダンス連絡事項

【1】当日の提出物について


ダンス2015国内大会ルールの通り、テクニカルシートステージスクリプトを大会当日、到着後すぐにダンス会場内ダンス本部に提出してください。
当日の審査は、審査員3名で行う予定ですので、当日提出するテクニカルシートとステージスクリプトは、コピーして3セットご用意ください。

※提出書類は、1セットごとにホッチキスでとめて提出してください。

テクニカルシートとステージスクリプトは、ジュニア・ジャパンダンスブログからダウンロードできます。
http://rcjjdance.blogspot.jp/2014/10/2015.html

テクニカルシートは、ロボットや舞台装置ごとに準備してください。
各自ダウンロードして、記入した上で、大会に持参してください。


【2】ダンスリーグのスケジュール


◎3月26日
この日は、調整日になります。予約制で、ステージを使った調整が出来ます。
予約は、ダンス本部で受け付けていますので、希望の時間をあらかじめ予約してから、調整を行ってください。尚、予約は先着順になります。

尚、ステージでの調整枠は、14:30〜19:30までの間、10分単位で、30枠準備する予定です。

◎3月27日
ステージ上での演技のリハーサルとインタビュー審査が実施されます。
リハーサルでは、音楽の再生タイミングなどダンススタッフと段取りを打合せながら演技の練習を行います。
スケジュールの関係上、リハーサル、インタビュー共に1チーム12分単位で行う予定です。

◎3月28日
パフォーマンス審査を行います。

【3】インタビュー審査について


インタビューにつきましては、大会採用ルール「ロボカップジュニア2015の日本国内大会ダンスルール」の5. Technical interviewの項目を確認ください。

尚、ルール上では、interviewの時間は15分となっておりますが、スケジュールの関係上、1チーム12分で実施します。

また持ち物にプレゼンテーションポスターと記載されておりますが、ポスターは持参する必要はありません。
事前に提出いただくテクニカルシート、ステージスクリプト、印刷されたプログラム、あとはロボットや舞台装置などのデモンストレーションを元に審査を行います。

尚、デモンストレーションを含めたチームからのアピールタイムは最大5分とします。


【4】順位決めについて


1. 全チーム、インタビュー審査、パフォーマンス審査を行う。

2. パフォーマンス審査、インタビュー審査の合計ポイントにより、プライマリ/セカンダリそれぞれに順位が決まる。

3. 同順(同点)が発生した場合は以下の基準で順位づけを行う。

1)ロボットの技術だけでなくプレゼンを含めたチームの総合的な力を評価基準とし、プレゼンテーション賞の順位によって決める。

2)プレゼンテーション賞の順位でも同順位が解消されない場合には、審査委員の合議によって判断する。

4. 総合順位順により上位大会の推薦チームが決まる。





【5】カテゴリー特別賞


ダンスカテゴリー特別賞は、以下の7つのカテゴリーにおいて優秀なチームに与えられます。
◎設計部門
◎組み立て技術部門
◎電子機器の利用部門
◎センサーの利用部門
◎プログラミング部門
◎ステージパフォーマンス部門
◎優秀プレゼンテーション

カテゴリー特別賞は、総合順位で表彰対象となるチームをのぞき、プライマリ・セカンダリそれぞれに、審査員の審議のもと決定されます。


※尚、審議の結果、該当なしとする場合もあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿